悠仁様が小学校卒業!中学校はどこ?


芸能・音楽ランキング




こんにちは。春といえば別れと出会いの季節ですよね。

皆さんの中でもこの春卒業をしたり、入学したりする人がいるのではないでしょうか。

そこで今日は 秋篠宮家の長男・悠仁様 について取り上げていきたいと思います。

悠仁様はこの今日3月15日に小学校を卒業して4月から中学生になります。おめでたいですね。

この記事では悠仁様が通っていた小学校と進学予定の中学校について調べてみました。

スポンサーリンク




秋篠宮の悠仁様が卒業

秋篠宮家の悠仁さまが卒業

秋篠宮家の長男である悠仁様が卒業しました。

悠仁様はこれまでお茶の水女子大学付属小学校に通っており、3月15日の今日卒業しました。

これまで悠仁様は音楽会などでリコーダーを演奏するなどとても楽しそうに小学校生活を送っていました。

 


秋篠宮ご夫婦も見に行ってたんだね!ひよたんだったら緊張するな~~
いのくん
悠仁様こんなに大きくなってたんだね!成長が早いな~

悠仁様と言えば小さい頃の印象が強いのでもう小学校するのか~と感じますね。

悠仁様は付属中学校への内部進学を希望して、2月3日に中学の入試試験を受験し見事合格したそうです。

これは戦後、皇族で学習院以外の中学校に通われるのは、悠仁様が初めてなのだそうです。

スポンサーリンク




お茶の水女子大学付属小学校はどんな学校?

悠仁さまが通っていたお茶の水女子大学付属小学校はどのような学校なのでしょうか。

国公私立の別:国立学校
設置者:国立大学法人お茶の水女子大学
校訓:自主協同(教育目標)
設立年月日:1877年(明治10年)2月1日1877年(明治10年)9月授業開始
創立記念日:9月20日
共学・別学:男女共学
学期:3期制(三期制)
所在地:〒112-8610東京都文京区大塚二丁目1番1号

お茶の水女子大学付属小学校は付属の幼稚園と小学校と中学校があり、大学とは違い男女共学になります。

入学するためには倍率が60倍ともいわれる難関試験を突破しなければ入学できません。

60倍!!!入るだけでもすぎんだね!尊敬します尊敬。

 

悠仁様はなぜ学習院にいかなかったのか

しかしこれまで皇族の人々は学習院に進学していました。

皇族をお迎えする知見に長けている学習院ですが、なぜ悠仁様は学習院ではなくお茶の水女子大学付属中学校を選択したのでしょうか。

これまでも皇族では学習院に進学するのが普通でした。

このことに関して秋篠宮家の事情に通じる人はこのように答えています。

「最終的にはお茶の水の『自主自律』という校風を気に入られ、悠仁さまのご入学に至ったわけです。ところが、眞子さまの結婚問題でも露呈してしまった通り、そうした自主性重視の方針は、必ずしも皇室には馴染まないのではないか。そんな見方が、現在は大勢を占めているのです」

秋篠宮様はお茶の水女子大学付属中学校の自主自律という校風が気に入ったんだね

 

いのくん
でもこれが問題になってるなってるらしいよ!

「学校での生活はともかく、ご自宅にお招きするような、個人的に親しくされているご学友が見当たりません。これは同級の親御さんが“お怪我でもさせたら”と案じ、自身の子供を近づかせないようにしているといった事情もあるのですが、庁内では『学習院を選んでいれば、こんなことはなかったのに』といった落胆の声がしきりに聞かれます」

このような事情があるようです。

スポンサーリンク

 


まとめ

今回は秋篠宮家の悠仁様が小学校を卒業したことになりました。

今回思ったことは天皇陛下の一族に生まれるのは光栄でもあるけどとても大変だということです。

常にメディアに注目され同級生の親からも気を使われ自分だったら嫌になると思いました。

ただ悠仁様には中学校生活を楽しんでいただきたいですね。

読んでいただきありがとうございました。

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です