熊瀬哲郎(アニメ、ティーエーピー)の経歴や顔画像は?脱税で解任か?


芸能・音楽ランキング

アニメ制作会社「ティーエーピー」が消費税3000万円を脱税したとして話題になっています。

それを受けて、「ティーエーピー」の実質経営者である熊瀬哲郎さんが東京地検に告発されました。

そこでこの記事では事件の概要。

ティーエーピーとはどんな会社?

経営者の熊瀬哲郎の経歴や顔画像は?

ネットの反応は?

など今回の事件んで気になることをまとめてみました。

事件の概要

 国内取引と国外取引の税制の違いを悪用し、消費税約3000万円を脱税したとして、東京国税局が消費税法違反の疑いで、アニメ制作会社「ティーエーピー」(東京都杉並区)と、実質経営者の熊瀬哲郎氏(68)を東京地検に告発していたことが10日、関係者への取材で分かった。
銀座のクラブママ告発=6700万円脱税疑い-東京国税局
関係者によると、ティー社は別のアニメ会社から受注した原画や動画の制作を、消費税が掛からない中国や韓国の下請け業者に発注したのに、複数の国内会社に発注したように偽装。消費税の控除額を水増し申告し、2018年6月までの2年間で、計約3000万円の納付を免れた疑いが持たれている。
国内会社はいずれも熊瀬氏らが代表を務めるペーパーカンパニーで、熊瀬氏はティー社宛ての虚偽の請求書を作成。納付を免れた3000万円を、ティー社の事業資金や、私的な住宅ローンの返済費に充てるなどしていたという。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061000427&g=soc

今回の事件は国内と国外の税制度の違いを悪用して、3000万円もの脱税をしたとのことです。

これは意図的であるためかなり悪質なものだと思われます。

日本の財源は圧迫され続けているのも関わらず、このように脱税する人や企業がいるなんて許せませんね。

ちゃんの税金を納めてほしいです。

今後もこのような企業をどんどん告発してほしいと思います。

熊瀬哲郎の経歴やプロフィール

熊瀬哲郎の経歴

名前:熊瀬哲郎

年齢:68歳

職業:アニメプロデューサー、経営者

現在分かっている熊瀬哲郎さんの情報はこれだけです。

熊瀬さんはアニメの制作会社「トランスアーツ」のスタッフを務めていたそうです。

トランスアーツと言えば、「テニスの王子様」「星のカービィー」など有名なアニメ制作にかかわっている会社です。

熊瀬さんは「忍者ハットリくん」や「パーマン」などのアニメ制作を担当していたそうです。

すごいプロデューサーだったんですね!

その後は「ムークアニメーション」という会社を設立したようです。

ティーエーピーってどんな会社?

ティーエーピーは主に動画や仕上げの工程を海外に発注する仲介する会社だったようです。

googleマップ上での場所はこちらになります。

主な代表作としては、以下のものが挙げられます。

  • 遊戯王
  • 火の鳥
  • スティッチ

このような素晴らしい作品を生み出していにも関わらず、脱税するなんて残念ですね。

ネットの反応


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です