平成のテレビドラマランキングベスト3!第一位はごくせん!


芸能・音楽ランキング

もうすぐ平成が終わろうとしています。

みなさんにとって平成とはどんな時代だったでしょうか?

私は平成10年生まれなので平成しかしりません。昭和生まれの人は昭和は良かった、平成は衰退の時代だ!

なんて言う人もいます。ただ個人的には平成は戦争などがなく良い時代だったと思います。

そこで、の記事では平成を振り返るべく、個人的平成ドラマランキングベスト3を発表したいと思います。




 僕の平成テレビドラマランキング!

平成という時代は30年にも及びたくさんのドラマが放送されました。

ドラマというものは時代の流れを反映しているので、たくさんの学びがあります。

例えば、「わたし、定時で帰ります。」というドラマが放送されています。

このドラマでは、残業による長時間労働がとな当たり前になっている現在の社会にメッセージを提起しているのではないでしょうか。

また、ダイバーシティやインクルージョンが叫ばれる中、絶大な人気を誇った「おっさんずラブ」というドラマではLGPTなどのマイノリティーの方々を勇気づける作品だったのではないでしょうか。

ドラマとは人の人生を変えてしまうほどの影響力があります。

みなさんは平成のテレビドラマで何が心に残りました?




ドラマランキング第3位は「家政婦のミタ」


僕の平成ドラマランキング第3位は「家政婦のミタ」です。

家政婦のミタは平成ドラマ平均視聴率ランキングでも第3位になっています

世間でも人気があったことがわかりますね。

このドラマには当時中学生の中川大志さんが出演していたのですが、僕と同級生なのにこんなに大人っぽくて衝撃を受けたのを覚えています。

また今大活躍中の本田望結ちゃんも出演していて当時7歳の望結ちゃんも可愛かったです。

なんといっても松嶋菜々子さん演じる家政婦のミタさんの行動に衝撃を受けましたね。

最終回の結末は今でも鮮明に覚えています。




ドラマランキング第2位は「ルーキーズ」


僕の平成ドラマランキング第2位は「ルーキーズ」です。

ルーキーズと言えばTHE青春ドラマです。

あのドラマをみて胸が熱くならない男はいないのではないでしょうか。

僕は当時野球部だったので部員の人たちとルーキーズごっこをして遊んでいたのを今でも覚えています(笑)

一番好きなのは平塚平(ひらつかたいら)です。

野球も下手でバカなのにここぞというときに代打で出場して、値千金の一打を放つ彼はとても輝いて見えました。

またルーキーズと言えばたくさんの名言が生まれました。

一番好きな名言は「人間の最大の弱点はあきらめることだ」です。

この言葉は野球部顧問の川藤幸一の言葉です。

僕は何かを諦めそうになった時にこの言葉を思い出して自分を奮い立たせています。

みなさんもドラマのセリフに勇気づけられることがあるのではないでしょうか?




ドラマランキング第1位は「ごくせん」


僕の平成ドラマランキング第1位は「ごくせん」です。

ごくせんには1、2、3があるのですが、そのなかでもごくせん3が一番好きです。

ごくせん3のキャストは三浦春馬さんや三浦翔平さんなどが出演しました。

ごくせんもルーキーズと同じように青春学園ドラマです。

当時絶大な人気を誇っていたごくせんに影響されてヤンキーになる人もたくさんいました。

最初は悪さばかりしていた生徒たちがやんくみのお陰で立派に成長する姿はとても感動しました。

また生徒たちを守るために戦うヤンクミはめちゃくちゃかっこよかったです。

僕は毎週水曜日の夜になるのが楽しみで仕方がありませんでした。




まとめ

今回は個人的に良かった平成ドラマランキングベスト3を発表してきました。

ドラマランキングベスト3

1、ごくせん

2、ルーキーズ

3、家政婦のミタ

これが僕の平成のドラマランキングベスト3位です。

いずれのドラマも今の僕のアイデンティティーの一部になっていること間違いないです。

ドラマは人の人生を良い方向へ導く力があります。

平成にはたくさんの名ドラマが生まれました。新元号の令和でも数々の名ドラマが生まれるといいですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です