博多の殺人事件?家族のもめごと?犯人の息子は引きこもり?は自殺を図る!犯人の名前は?


芸能・音楽ランキング

5月31日の午後5時過ぎ、福岡市の博多区板付け4丁目の路上で、女性1人が倒れているのが見つかりました。

つい先日に、川崎市で残酷な通り魔殺人事件が起こったばかりでとても残念なことが再び起こってしまいました。

今回はその事件の概要を紹介していきます。

 

事件の概要

31日夕方、福岡市博多区の市営住宅の部屋の中と近くの路上で、親子と見られる男女3人が倒れているのが相次いで見つかりこのうち部屋で倒れていた男性が死亡し、女性1人が意識がない状態だということです。この女性は、発見当初「息子が引きこもりがちで、仕事をするよう言ったところ、口論となって襲われた」と話していたということで、警察は詳しいいきさつを調べています。
31日午後5時すぎ、福岡市博多区板付の路上で40代くらいの女性が胸を刺され血を流して倒れているのが見つかりました。

警察によりますと、女性は「兄に殴られたり刺されたりした。自宅には母親がいる」などと話したことから、警察が近くの市営住宅にある女性の自宅を確認したところ、部屋からは黒い煙が出ていて、男女2人が血を流して倒れていたということです。

この2人は、路上で倒れていた女性の70代の母親と40代の兄とみられ、このうち男性は死亡し、女性は頭を金づちのようなもので殴られ意識がない状態だということです。

また、母親と見られる女性は、部屋で見つかった当初「息子が引きこもりがちで、仕事をするよう言ったところ、口論となって襲われた」と話していたということです。

現場は、福岡空港の国際線ターミナルから南におよそ2キロほど離れた住宅などが建ち並ぶ地域で、警察が詳しい状況を調べています。

どうやら今回は、先日川崎市で起こった通り魔事件のような無差別事件ではなく、家族間でのもめごとが事件の発端となったようです。

被害情報は、40代男性とみられる方が、腹部から大量に出血して死亡しました。(犯人の息子です)

さらに、70代女性がハンマーのようなもので頭を殴られ意識不明の重体。

路上で倒れていた40代女性が胸を刃物で刺されて重傷だといいます。

なお、犯人は3人を襲ったあと、自殺を図ったとの報道が出ています。

川崎市の犯人と同じですね。

犯人と被害者の関係(家族)

犯人と被害者の関係は、家族であることがわかりました。

犯人の名前はまだ公表されていません。犯人は引きこもり気味だったとの報道が出ています。

死亡した40代男性が自殺を図った犯人で、意識不明の70代女性は犯人の男性の母親、重症の40代女性は犯人の妹とも報道が出ており、家族間でのトラブルが犯行の動機だと思われます。

 

ネットでの反応は?

 

 

 

 

このように今回の事件を悲観するコメントであふれています。

まとめ

今回は5月31日の午後5時ごろに福岡市の博多で概おきた殺人事件の概要を紹介しました。

川崎市の通り魔事件もそうですがこのような悲惨な殺人事件が悲惨な起こらないことを願います。

そして二人の女性の早期回復を願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です