小暮洋史の生い立ちから現在までがやばい!家族や両親を調査!【群馬一家3人殺害事件】


芸能・音楽ランキング

30年の平成という時代も終わり5月1日からは新元号の令和がスタートします。

皆さんは平成という時代にどういう印象をもているでしょうか。

平成最後の日となる430日の夜7時から「ザ!世界仰天ニュース4時間生放送SP」が放送されます。

平成最後となる4時間の生放送では平成の大事件の一つとして群馬一家3人殺害事件が紹介されます。

そこでこの記事では21年前に起きた群馬一家3人殺害事件の詳細と容疑者で未だに逃亡中の小暮洋史指名手配犯について詳しく紹介していきます。

併せて下記の記事を最初にご覧になってくださると分かりやすいと思います。




群馬一家3人殺害事件から21年経過!

皆さんは21年前に起きた群馬一家3人殺害事件を覚えているでしょうか?

もしかしたらこの記事を読んでいる方の中には事件が起きた21年前は生まれてなかった人もいるかもしれません。


群馬一家3人殺害事件の詳細について知りたい人は最初に小暮洋史は死亡?目撃情報募集で逮捕に至る?【群馬一家3人殺害事件】仰天ニュースをご覧ください!

この事件は日本中を震撼させました。

犯人の小暮洋史は未だに見つかっておらず、300万円の報酬金がかけられています。




小暮洋史の生い立ちから現在まで

群馬県に住む家族を3人殺したとして指名手配になっている小暮洋史の生い立ちから現在までについて紹介していきます。

小暮洋史のプロフィール

名前:小暮洋史(こぐれひろし)

生年月日:1969年7月31日

年齢:49歳(事件当時28歳)

住所:群馬県前橋市(当時)

職業:トラック運転手(当時)

身長:170㎝ やせ型

小暮洋史のプロフィールはこのような感じです。



小暮洋史の子供時代

調べによると、小暮洋史の子供時代は非常に内気な性格だったようです。

友達もそれほどいなくて教室の隅でおとなしく生活をするようなタイプだったのではないでしょうか。

また小暮容疑者には癖があったそうです。

その癖というのが爪を噛むことです。

心理学的に爪を噛む人の特徴として以下の点が挙げられます。

爪を噛む人の特徴

1、誰かに見守られたい。

2、自制心が欠如している場合が多い。

3、落ち着く。

4、恐怖心をなくすため。

5、繊細で傷つきやすい。

6、愛情を待っている。

7、その場をしのいでいる。

8、かまってちゃん心理。

どうやら爪を噛む癖がある人は愛情をあまり受けていなく承認欲求が強い傾向にあるようですね。

小暮容疑者は両親から愛情を注がれなかったのでしょうか?




小暮洋史の家庭環境は?

爪を噛む癖は愛情不足ということが分かったので、小暮容疑者の家庭環境について調べてみました。

しかし、残念ながら小暮容疑者の両親に関する情報は出てきませんでした。

ただ小暮容疑者はすぐにイライラする性格の持ち主で、他人の気持ちを理解することが難しい人間だったようです。

また女の子と話すことが苦手だったそうです。

それがストーカーという行為の原因になったのかもしれませんね。

小暮容疑者の職業であったトラック運転手もコミュニケーションをあまり必要としない仕事なので就いたのかもしれませんね。

小暮容疑者に関しては警察も懸命に操作しているのですが、事件以降まったく情報がつかめていません。

そのため小暮容疑者死亡説が出ています。

そのことについて知りたい人は小暮洋史は死亡?目撃情報募集で逮捕に至る?【群馬一家3人殺害事件】仰天ニュースをご覧ください!



まとめ

今回の記事では「ザ!世界仰天ニュース生放送4時間SP」で平成の大事件として取り上げられる「群馬一家3人殺害事件」の容疑者小暮洋史について紹介してきました。

平成が終わり令和になりますが、令和ではこのような凶悪犯罪が少しでも減ることを願います。

仰天ニュースの記事まとめ

今回の仰天ニュースで紹介された扇風機おばさんの記事も書きました。ぜひ見たください!

扇風機おばさんの死因が判明!原因は整形と薬物注射?昔は美人だった!【仰天ニュース】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です