福岡市城南区マンション放火事件の小学6年女子児童の名前や親に顔画像は?


芸能・音楽ランキング

福岡県城南区のマンションで連続不審火が起きました。

犯人は既に特定されています。

今回の連続不審火事件を起こしたのがなんと小学6年生の女子児童だというのです。

今回は福岡県城南区のマンションで起きた不審火事件について紹介します。

福岡市城南区マンション放火事件が発生

 福岡市城南区のマンションで相次いだ不審火に関わったとして、福岡県警は29日、市内の小6の女子児童(11)を現住建造物等放火未遂などの非行内容で市児童相談所に送致し、発表した。「学校での人間関係のストレスを発散した」と話しているという。

早良署によると、女児は2月21日夕~3月19日夕に計5回、マンション共用通路で、雑巾やテープ、段ボールなどに火を付け、室外機や壁などに燃え移らせた疑いがある。いずれも気づいた住人が消し止め、けが人はいなかった。

署は防犯カメラの映像から女児を特定。女児は、5件の火災全てに関わったことを認め「仲の良い友達が他の人と仲良くしていたことに腹を立てた」と話しているという。

この日の送致は4件。残る1件は先月、署が児相に送致し、児相が今月13日、福岡家裁に送致した。(川辺真改)

引用:ヤフーニュース

今回の事件で死者やけが人などがいなかったのが不幸中の幸いです。

女子児童の犯行動機としは、「学校の人間関係のストレスを発散した」とのことです。

現在児童は児童相談所にいるそうです。

事件現場は?

事件現場となったのは福岡市の城南区のマンションです。

報道によると5件の不審火が発生したそうです。

城南区は福岡市の中心付近にあるので結構都会です。

マンションやビルなどもかなりの数があります。

女子児童の名前や顔は?

現在の報道では女子児童の名前や顔について報道されていません。

今後も恐らく報道はされないと思います。

今回の事件で大事なのは再発の防止だと思います。

親や学校の先生などは今回の事件を重く受け止めて再発防止に努めてほしいです。

また「学校がすべてではない」ということも女子児童には気付いてほしいですね!

「少年革命家ゆたぼん君」のように無理に学校にいかなくても良いと思います。

ネットの反応

まとめ

今回は女子児童の放火について紹介しました。

なにより死者や大きな大きな被害が出なくてよかったです。

今回事件を起こした小学生にはしっかり反省してもらい、親や先生には再発防止に努めてもらいたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です