ダーリー(幼子殺人事件)の真相は?犯人は母親のダーリー?世界法廷ミステリー


芸能・音楽ランキング

10月20日から「世界法廷ミステリー」という番組が放送されます。

この番組は今回で12回目の放送になります。

毎回、世界各地で起きた事件を再現VTRで紹介しており、テレビ画面に見入ってしまいます。

そこでこの記事では、今回放送される幸せな家族が惨劇に遭った事件を紹介します。

事件の犯人はダーリー・リン・ルティアという人物とされています。それでは紹介していきます。

世界法廷ミステリーが放送!

実際の裁判映像や証言を手がかりに、殺害現場に残された証拠などから事件の謎に迫る人気シリーズ『世界法廷ミステリー』。第12弾は「魔女の微笑(ほほえみ)」として難解な事件の真相に迫る。

1.幼子2人を殺害したのはゴージャス母?証拠映像で明かされた驚きの真実
1996年、テキサス州のセレブ一家が襲撃され、6歳の長男と5歳の次男が命を落とした。母・ダーリー・リン・ルティア(26)も病院に運ばれたが一命をとりとめた。2階にいた生後7カ月の三男と父親は無事だった。ダーリーによると犯人は白人の男だったという。
退院し、彼女は子どもたちの墓参りに。取材していた地元テレビ局のカメラの前で笑みを浮かべた彼女…一気に疑惑の目が向けられる。果たして、ダーリーは鬼母なのか?悲劇の母親なのか?

2.新婚夫婦を襲った悲劇…未解決事件を解決に導いた決定的証拠とは?
1986年、ロサンゼルス郊外の高級マンションの一室で結婚3カ月の新妻・シェリー・ラズムセン(29)が銃殺された。部屋は荒らされ、高級車などがなくなっていたことから、警察は高級マンションを狙った強盗殺人とみて捜査を開始。だが一方で彼女はストーカーに悩まされていたと遺族は訴える。ストーカー殺人?強盗犯?捜査は行き詰まり未解決に。
事件発生から23年の2009年、突如事件解決の知らせが遺族に届く。それは、想像できない結末だった。

引用:フジテレビ

今回の法廷ミステリーではこの二つの事件が紹介されます。

この記事では、「幼子2人を殺害したのはゴージャス母?証拠映像で明かされた驚きの真実」という事件について紹介します。

もう一つの事件が気になる方はこちらの記事をご覧ください!

ダーリー事件とは?

1996年、テキサス州で会社経営をしていたセレブ一家を何者かが襲撃し、6歳の長男と5歳の次男が命を落とした。母・ダーリー・リン・ルティア(26)もナイフで切られ病院に運ばれたが命をとりとめた。2階にいた生後7カ月の赤ちゃんと父親は無事だった。
ダーリーによると犯人は白人の男だったという。事件の8日後、退院し、子どもたちの墓参りにいった母・ダーリー。そこに地元のテレビ局1社が居合わせ、カメラを回した。なんと彼女は、笑みを浮かべていた…。これを機に、ダーリーに疑惑の目が向けられる。彼女は金遣いが荒く、両手に10個の指輪をはめていたり、豊胸手術を施したり…ぜい沢三昧な暮らしをしていたことが明らかになる。

その一方で、夫と共に経営していた会社は苦境に陥っていたことから、子供2人を殺害することで生活費を浮かせ、偽装工作のため自らを傷つけたのではないかと疑われた。だが、殺害された子供の父親でもあるダーリーの夫は疑惑を完全否定する。
果たして、ダーリーは我が子を殺害した鬼母なのか?それとも我が子を殺害された悲劇の母親なのか?そして、ダーリーの笑みには驚くべき真実が眠っていた!

引用:https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20195618.html

こちらが事件の概要です。

ダーリーは現在も牢獄の中にいて、無罪を訴えています。

果たして事件の真相は?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です