神戸市営バス運転手が事故!名前や年齢や現場の場所や状況は?5人はねられ2人が心肺停止

神戸市営バス事故

芸能・音楽ランキング

神戸市の市営バスが歩行者5人をはねる事故が起きました。

5人はねられてそのうちの2人は心肺停止の重症だそうです。

つい最近も親子二人が亡くなる悲しい事故が起きました。GWも近くて交通量が増える現在事故が起こりやすいのでしょうか。

今回の記事では神戸市営バスのバス事故の詳細や運転手について紹介していきたいと思います。

現在分かっている情報だけ書いていきます。情報が追加され次第追記します。




神戸市営バスが事故を起こして二人が心肺停止


4月21日の午後2時ごろ神戸市で神戸市の市営バスが複数の歩行者をはねる事故がありました。

5人が事故に巻き込まれいずれも重症とのことです。

そのうち二人は心肺停止の状態です。

追記:心肺停止の状況になったいた1人が残念ながら亡くなってしまったようです

亡くなった方は20代ということで非常に若いです。本当に残念です。




現場はどこ?

報道によると、現場は神戸市の中央区布引町4のJR三ノ宮駅北側付近だそうです。

交通量は兵庫県内でも1番多いと言われている道路で、事故も結構起きているようです。

現在の現場の様子は非常に緊迫しており、規制などがかけられているようです。

またヘリコプターなどでも上空から撮影されているそうです。




バスの運転手の名前は?

分かり次第追記します。

どうやらバスの運転手は現行犯で逮捕されたそうです。

先日池袋でも悲惨な事故がありましたが、事故を起こした方は逮捕されていません。

いったいどういう基準で逮捕をしているのでしょうか。

今回の事件で逮捕された運転手は高齢者なのでしょうか?

追記:バスを運転していた方は64歳だそうです。64歳であればそれほど判断能力に影響はないと思います。

過労による居眠りだったのでしょうか?

先日の事件と言い高齢者の事故がめだっていますね。



ネットの反応

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です