ジャガー横田息子大維志が公立中学に進学した理由や名前は?高校受験の企画も始まった?


芸能・音楽ランキング

ジャガー横田さんと木下博勝さんの息子である大維志君が公立中学校に入学したことが報道されました。

なぜこのような事がニュースになるかというと、朝の情報番組「スッキリ」が大維志君の難関私立中学校に受験するという様子を150日間にわたり密着していたからです。

第一志望校の私立中学校には落ちてしまいましたが、得意の英語を生かして滑り止め大学に合格しました。

しかし報道によると、私立を選ばす公立中学校に進学したそうです。

今回は大維志君の進学先の公立中学校の名前や選んだ理由について紹介していきます。







 ジャガ横田の息子大維志君が公立中学校に進学

大維志くんといえば、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)が150日間にわたって中学受験に密着。放送回を重ねるごとに注目を集め、大人気企画となった。
「大維志くんの芸人顔負けのキャラクターもあいまって、この企画で『スッキリ』は最高視聴率を記録しました。気づけば、多くの視聴者が彼の“医師になりたい”という夢を応援していました」(日本テレビ関係者)
“偏差値41から偏差値71の私立中学を目指す”という目標を掲げていたが、結果は「2勝7敗」。第1志望と第2志望には不合格だったという。しかし、得意の英語を使った試験で“滑り止め”の私立中学に見事合格したところで密着は終了した。
受かったのは医学部のある付属中学2校。大維志くんはそのどちらかに進学するものと思われていたが、最終的には都内にある公立中学校への進学を決めたという。いったいなぜか。
ジャガーを直撃すると、「ごめんね。その件についてはお話しできないんですよ…」と、申し訳なさそうに答えた。

引用:ヤフーニュース

大維志君は受験の前の偏差値は41と非常に低かったのですが、父みたいな医者になるべく猛勉強を開始します。

それに密着したのが「スッキリ」で私立受験企画は大人気となり大維志君はお茶の間でも大人気になりました。

結果は医学部の付属中学校2校に合格するという結果を残しました。

ひよたん
偏差値41から医学部の付属中学校に合格するなんてすばらしいね!

しかし今回の報道のように大維志君の進学先は公立中学校なのだそうです



公立中学校を選択した理由は?

この件についてジャガー横田さんについて直撃したところその件については回答できないと言われたそうです。

なにか特別な事情があったのか気になりますね。

しかし日テレには報告しているようで日テレ関係者が代弁していました。

『スッキリ』関係者には報告があったようで、彼らによれば理由は3つ。1つは合格した私立中学の保護者から“テレビでさんざん滑り止めと言われ、他の生徒がやる気をなくしてしまう”というクレームがあったこと。次に私立中学でエスカレーター式に高校進学するよりは、誰もが高校受験をする環境下で高校受験の準備をする方がいいのではないかという判断。
 3つ目は大維志くんが“タレント活動をして受験を頑張る人たちのアイコン的な存在になりたい”という思いを強く抱いていることも大きかったようです。多くの私立ではタレント活動は禁止されていますから」

引用:ヤフーニュース

確かに一つ目のさんざんテレビで滑り止めと言っていましたから、その学校を第一志望校としている保護者や生徒は気持ちよくないですよね。

その他にも上記のような理由があり総合的に判断した結果公立中学校を選択したようです。

どの学校に行っても頑張ってほしいですね!



大維志君が進学した公立高校の名前は?

大維志君が今回進学した公立中学校の名前は何なのでしょうか?

調べてみたのですが、今の所分かりませんでした。

しかしヤフーニュースにはこのような事が書かれています。

 ちなみに、彼が進学した公立中学は“普通”の学校ではなく、全国の教育関係者から注目を浴びる存在だという。
「宿題なし、テストなし、クラス担任も廃止という独自の教育理念を打ち出していて、しかも進学率が非常に高い。わざわざ越境してその中学に入学する生徒がいるほどの人気校です。大維志くんも越境入学ですが、意識の高い子が集まっているので、高校受験を目指すにはうってつけの環境だと思います」(教育関係者)

引用:ヤフーニュース

宿題もテストもない学校だそうです。革新的ですね。

自分のやる気と主体性が大事ですね。大維志君の受験の様子を見ていると勉強に対してのモチベーションが非常に高いのでぴったりの学校だと思います。

高校受験はまだ先ですが大維志君の高校受験はもう始まっているみたいですね!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です