顔写真に「死ね」や「呪」を加工した岐阜県警の警察の名前や経歴は?今後はどうなる?


芸能・音楽ランキング

岐阜県警が春の人事異動でマスコミ各社に配った顔写真のデータに「死ね」や「呪」という文字を書き込んだとして50代の男性警部補が懲戒処分を受けました。


なにかと幼稚な事件ですね。

今回の記事ではこの事件の詳細や懲戒処分にあった男性警部補の名前や今後について紹介していきたいと思います。




事件の詳細


上の写真が実際の写真のようです。

岐阜県警が春の人事異動でマスコミ各社に配った顔写真のデータに「呪」や「死ね」という文字を書き込んだとして50代の男性警部補が戒告処分を受けました。

処分を受けたのは、岐阜県内の警察署に勤める50代の男性警部補で、今年2月に春の人事異動の発表に伴い、岐阜県警がマスコミ各社に配られた幹部の顔写真に「呪」や「死ね」の文字を書き込んでいました。

書き込みは、写真の提供を受けたテレビ局からの指摘で発覚し、その後の県警の調査で男性警部補が2014年10月年ごろ、県警本部で仕事していた際にパソコンのソフトで書き込んでいたことがわかったということです。

岐阜県警は、男性警部補を戒告の処分としました。

男性警部補は、岐阜県警の聞き取りに対し、「恨みがあった」などと話していて、19日付けで依願退職しました。

引用:ヤフーニュース

なんとこの男性は2014年の10月頃にこの書き込みをやっていたそうです。

それまで他の警察は気付かなかったのかとツッコミたくなりますが、どうやら本気で気付かなかったようです。

しかし今になって犯行がばれて、忘れたころにつけが回ってきましたね。犯人もこのことを忘れていたのではないでしょうか。

犯行動機はなにかの恨みがあったらしいのですが、人の写真に「死ね」や「呪」を書くなんてやり方が小学生レベルですね。




落書きをした警部補の名前は?


顔写真に落書きを書き込んだ警部補の名前はなんなのでしょうか。

今のところ分かっているのは、岐阜県警に務めている50代の男性警部補だということです。

50代ということで、恐らく妻や子供などもいると思われるので妻や子供たちの気持ちを考えると心が痛みますね。

何度も繰り返しますが、本当に子どものイジメのような出来事ですね。

この警部補は岐阜県警により懲戒処分となり、警部補は19日付で依願退職をしたそうです。

このまま県警にいても冷たい目で見られるだけですからね。




ネットの反応は


みなさんあきれていますよね。

殺人や暴行などではなかったので良かったのですが、また警察の信頼が落ちてしまいますね。再発防止に努めてほしいです。




まとめ


今回は 顔写真に「死ね」や「呪い」を加工した岐阜県警の警部補の名前や経歴、今後について紹介してきました。

恨みが殺人などに向かわなくてよかったですが、再発防止に努めてほしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です