三輪康子(ミワさん)【激レアさん】歌舞伎町のジャンヌダルクの極道エピソードがすごい!


芸能・音楽ランキング




4月13日土曜日の夜10時から「激レアさんを連れてきた」が放送されます。

これまでは夜1120分からの放送でしたが、今回からは放送時間が10時になりました。


この番組は人生の中で激レアな体験をした人が番組に出演してその体験を深堀するといいた感じです。

今回の放送内容

1、歌舞伎町で極道に占領されていたホテルから極道を一掃し、売り上げを日本一にした支配人

2阿波踊りならどんな曲でも踊れる人

今回の放送内容は上記の通りです。

この記事では歌舞伎町で極道に占領されたホテルから極道を一掃し、売り上げを日本一にした支配人について紹介していきたいと思います。

また以前放送された【激レアさん】野々村直通ワイドショーでの発言がすごい!詐欺に遭い美術教師なのに破天荒もご覧ください!




三輪康子さんのプロフィール

三輪康子さんのプロフィール

今回出演する、歌舞伎町で極道に占領されたホテルから極道を一掃し、売り上げを日本一にした支配人の名前は三輪康子さんと言います。

三輪康子さんは青森県の八戸市で生まれました。

東京銀座のアパレル企業勤務を経て2004年9月にホテル界に転身して、支配人となりました。

その後はホテル界で活躍を続けて、2010年度にはチームワークの良さ、クレーム対応、地域への貢献度などが評価されMVP賞を獲得しました。

ホテル界では相当有名な方で、伝説的なエピソードとして「暴力団員やクレーマーがたむろし一般人が敬遠していたいわくつきのホテルを、清潔で親しみやすい地域ナンバーワンのホテルへ変えた」というものがあります。

このエピソードが今回放送される内容ですね。



三輪康子のクレーム対応術がすごい

三輪康子さんはクレーム対応の天才です。

暴力団やクレーマー対応に関しては、右に出る人はいないでしょう。

そんな三輪さんがクレーム対応をする際に気を付けていることがあるそうです。

怒りを全部吐き出させる

まず一つ目はクレーマーの怒りを全て吐き出させることです。

クレームというのは基本的にホテル側のミスです。なのでまずは相手の主張を全て聞くそうです。

理不尽なクレームなどもありますが、そこは堪えて最後まで聞くことが大事なのだそうです。

その際のポイントとして相手の目をしっかり見ることが大切なのだそうです。

上から目線は禁物

相手が暴力団であろうとホームレスであろうと、絶対にクレームの対応を変えないそうです。

なぜクレーム対応がこれほど上手くできるのかというと絶対に「上から目線」でクレーム対応をしないからだそうです。

よく基準をかえて対応する人がいますが、そういう人は必ず失敗するそうです。

みなさんも参考にしてみてはどうでしょうか?




まとめ

今回は「激レアさんを連れてきた」に出演する三輪康子さんについて紹介してきました。

三輪さんのクレーム対応は非常に参考になりましたね。

今回の放送はホテル業界に限らず接客業に従事している人には為になる放送だったのではないでしょうか?

また以前放送された【激レアさん】野々村直通ワイドショーでの発言がすごい!詐欺に遭い美術教師なのに破天荒の記事も是非ご覧ください!

読んでいただきありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です