伊藤法子の顔画像や夫(家族)や職場は?犯行動機(理由)は?生後3か月の娘を虐待して死亡させる


芸能・音楽ランキング

またしても痛ましい事件が起きてしまいました。

その事件の内容が、新潟県長岡市の職員が娘を床に落として暴行を加え殺害したというものです。

似たような事件がつい最近起きたばかりですが、再び起きてしましまいた。

この記事では事件の詳細と、伊藤法子容疑者について紹介していきます。

橋本貴彦と余根田渉の顔画像や職場は京都・向日市役所職員と生活保護のケースワーカー!

事件の詳細

新潟県長岡市で、生後3か月の長女に自宅の床に落とす
暴行を加え殺害したとして、31歳の母親が12日夜、殺人の
疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、長岡市末広の長岡市役所職員、伊藤法子
容疑者(31)です。
警察の調べによりますと、伊藤容疑者は12日午前11時ごろ、
自宅で生後3か月の長女光ちゃんに床に落とす暴行を加えて
殺害したとして、殺人の疑いがもたれています。
警察によりますと、死因は脳挫傷だということです。
伊藤容疑者は容疑を認めているということで、警察は詳しいい
きさつを調べています。

引用:NHK NEWS WEB

 

北海道札幌でおきた事件と同じような感じの事件ですね。

お腹を痛めて産んだわが子を手にかけるなんて信じられません。

亡くなった伊藤光ちゃんのご冥福をお祈りします。

伊藤法子の紹介

今回、生後三か月の愛娘を殺害したのは新潟県長岡市職員の伊藤法子(いとうのりこ)さんです。

年齢は31歳ということで、恐らく第一子だったのではないでしょうか。

現在報道では伊藤法子容疑者の顔画像や個人情報は報道されていません。

長岡市の職員ということなので、市役所のHPなどにもしかしたら掲載されているかもしれません。

また犯行動機なども今の所分かっていません。

しかし、食事、家事、入浴、睡眠などといったしつけの際に、我慢できずに床に落としたのかもしれません。

以前に同様の事件が起きたときの容疑者は子供が言うことを聞かずについ感情的になり、子供を殺害してしまったと供述していました。

今の日本社会では子供を育てる環境が整備されておらず、親に経済的な負担、肉体的な負担、精神的な負担がかなりかかってしまっています。

いち早く子育てしやすい環境を整えることが大事なのではないでしょうか。

ネットの反応

まとめ

今回は新潟県長岡市職員の伊藤法子容疑者が娘を床に落として殺害したことについて紹介しました。

子供を産み、育てる。このことは非常にエネルギーがかかり、体力、精神力がすり減ります。

家族の協力はもちろん、地域や職場の協力、さらには国協力も必要です。

日本は人口減少が激しく、子供は日本の宝です。

今回の事件が二度と繰り返されないようにするために私たちに出来ることを自分なりに考えてみましょう。

橋本貴彦と余根田渉の顔画像や職場は京都・向日市役所職員と生活保護のケースワーカー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です