西田哲也(覚醒剤)の経歴や家族や画像は?入手ルートや密売人の存在は?


芸能・音楽ランキング

平成も終わろうとしている429日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

経済産業省の職員が麻薬特例法違反で現行犯逮捕されました。


今回の記事では逮捕された西田哲郎容疑者について詳しく紹介していきたいと思います。

また覚せい剤の入手経路や密売人の存在についても調査しました。



経産省職員の西田哲郎が覚せい剤密輸の容疑で逮捕!

経済産業省の28歳の課長補佐が、覚醒剤およそ20グラムを国際郵便で密輸したとして逮捕されました。警視庁は自分で使用するためだったとみて調べています。
逮捕されたのは、経済産業省のいわゆるキャリア官僚で製造産業局自動車課の課長補佐西田哲也容疑者(28)です。

警視庁によりますと西田課長補佐は覚醒剤22.1グラム、末端価格でおよそ130万円相当を密輸したなどとして麻薬特例法違反の疑いが持たれています。

国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところファッション雑誌のページの間から、粉末が入った袋が見つかったということです。

宛名には別の住所が書かれていましたが、自宅に届けるよう郵便局に連絡していたということで、27日、受け取ったところを逮捕しました。

警視庁は課長補佐の自宅を捜索して携帯電話やパソコンなどを押収するとともに、自分で使用するためだったとみて調べています。

警視庁によりますと調べに対して、「郵便物を受け取ったのは間違いないが、覚醒剤が中に入っているとは知らなかった」などと供述しているということです。

引用:NHKニュース

どうやら27日に西田容疑者は逮捕されていましたが、29日の今日逮捕が公になったそうです。

西田さんは今のところ容疑を否認しているそうです。

経済産業省の人間ということで、官僚の人間ですね。また公務員バッシングが起きそうな予感がします。



西田哲也容疑者の紹介

名前:西田哲也

年齢:28歳

大学:東京大学

職業:国家公務員(経済産業省)

西田容疑者は現在28歳で経済産業省に務めていました。

やはり官僚ということで、東京大学の出身だそうです。28歳という若さで、経済産業省に入れるなんてすごい人ですね。

これまで民間人が「公務員の給料が高い」「税金を払っている民間人よりも税金をもらっている公務員のほうが給料が多い」といったバッシングが多かったのですが、今回は国家公務員の逮捕ということで、さらに公務員バッシングに拍車がかかりそうです。



覚せい剤の入手ルートや密売人は?

気になるのはどのように覚せい剤を入手したのかではないでしょうか。

警視庁によりますと、西田課長補佐は覚醒剤22.1グラム、末端価格でおよそ130万円相当を密輸したなどとして麻薬特例法違反の疑いがもたれています。
国際郵便でアメリカから到着した不審な荷物があり、税関で調べたところファッション雑誌のページの間から、粉末が入った袋が見つかったということです。
宛名には別の住所が書かれていましたが、自宅に届けるよう郵便局に連絡していたということで、27日受け取ったところを逮捕しました。

引用:NHKニュース

どうやら覚せい剤の密輸ルートはアメリカからのようです。

どうやら関税検査で覚せい剤が見つかり、泳がせ捜査をしたところ、西田容疑者の手に渡り、現行犯逮捕されてしまったようです。

国家公務員という仕事柄すストレスでつい覚せい剤に手を出してしまったのかもしれません。

密売人は今の所判明していなくて、どうやら西田容疑者個人で密輸していたと思います。




ネットの反応!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です