扇風機おばさんの死因は整形と薬物(オイル)注射?昔は美人だった!【仰天ニュース】


芸能・音楽ランキング

平成も残すところあと1日となりました。

皆さんにとって平成はどんな年だったでしょうか?

そんな平成最後の一日である430日の夜7時から「ザ!世界仰天ニュース生放送4時間SP」が放送されます。

この記事では、平成最後の仰天ニュースで取り上げられる扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんについて紹介していきます。

また同番組で紹介される群馬一家3人殺害事件の犯人で未だに逃走中の小暮洋史容疑者の記事も書いています。

ぜひ併せてご覧ください!

サハール・タバールの整形が失敗?インスタは?整形前との比較画像がすごい!

2019年6月15日




扇風機おばさんの紹介


扇風機おばさんの本名はハン・ヘギョンさんと言います。

扇風機のような顔に変形してしまったために、日本で扇風機おばさんと呼ばれるようになりました。

「ザ!世界仰天ニュース」でもたびたび番組で取り上げられて、ご存知の方も多いと思います。

実は扇風機おばさんは2018年の12月15日に57歳の若さで亡くなられました。

死因については後ほど紹介したいと思います。




扇風機おばさんを始めてみた方は衝撃を受けたかたも多いと思います。

本名はハン・ヘギョンと言いますが、ある時期まではとても美人でした。

ハン・ヘギョンさんの昔の画像がこちら。

実はハン・ヘギョンさんは整形をして扇風機みたいな顔になってしまったのです。

しかもその数20回近くです。

なぜこのような顔になってしまったかというと、整形する医者が闇医者だったとか。また自らオイル注射を射ち依存症となり、風船のような顔になってしまったようです。

ひよたん
運がなかったのかな~

整形前の写真はとても美人で整形などする必要がないように思うのですが、いったいなぜ整形をすることになったのでしょうか?



ハン・ヘギョンさんの死因は?


不法な整形に苦しみ57歳という若さで亡くなったハン・ヘギョンさんの死因はいったい何だったのでしょうか?

・整形が原因であることが判明
その扇風機おばさんが死亡した原因は何だったのか、多くの人たちが真実を知らないまま悲しんでいたが、親族により、整形が原因であることが判明した。

・肺機能がほぼ喪失している状態
扇風機おばさんの姉の夫によると、扇風機おばさんの死因は顔の異物が体内を通り、肺に流れ込んできたのが原因だという。その影響により、肺機能がほぼ喪失している状態になっていたという。

ただし、日本の医師からは「顔の異物が肺に入り込むことは考えにくい」との説も出ているが、韓国で扇風機おばさんを担当していた医師は「顔の異物が肺に流れ込んできたのが原因」と判断している。

引用:http://buzz-plus.com/article/2018/12/19/aunt-of-fan-news/

どうやらハン・ヘギョンさんの死因は整形による副作用だったようです。

整形によって人生も大きく傾き、さらに死に追い込まれたなんて胸が痛みます。

韓国は整形大国で女性のほとんどは整形をしているなんて噂も聞きます。

日本でも整形に対して寛容な空気になっていますが、整形をする際は病院のことや副作用のことをしっかり調べてやるようにするべきですね!

サハール・タバールの整形が失敗?インスタは?整形前との比較画像がすごい!

2019年6月15日



薬物注射も原因?

今回のザ!世界仰天ニュースでは亡くなったハン・ヘギョンさんの自宅に潜入するとのことです。

その自宅で大量の注射器が発見されます。

どうやらその注射器が死因の一つになっているそうなのです。

注射器と言えば薬物依存を思い浮かべてしまいますが、どうやらハン・ヘギョンさんの場合は違うようです。

この大量の注射器は薬物ではなく、先ほど書いたオイル注射の注射器だと思います。

詳しくは放送を見てみましょう。




まとめ

今回の記事では「ザ!世界仰天ニュース」で取り上げられる、扇風機おばさんことハン・ヘギョンさんについて紹介しました。

ハン・ヘギョンさんは整形をする前はとても美人でしたが、整形により人生を壊されてしまいました。

自分の顔に自信がなくて整形をしようか悩んでいる方も多いと思います。

整形をする際は徹底的に調べてから行うと自分の満足できる結果になるのではないでしょうか。

令和もいい時代になると良いですね!

サハール・タバールの整形が失敗?インスタは?整形前との比較画像がすごい!

2019年6月15日


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です