栃木県さくら市の国道(交差点)でバス5台絡む事故。原因は?被害状況は?


芸能・音楽ランキング

また、たくさんの車が絡む大事故が起こってしまいました。

今回は4日午前8時ごろ、栃木県さくら市卯の里5丁目の国道4号の交差点で、バスと大型トレーラーなど5台を含む事故が起きました。

そのことについて紹介します。

概要

今回の事故の概要を紹介します。

県警によると、事故を起きた現場は、栃木県さくら市卯の花5丁目の国道4号線の交差点でバスと大型トレーラーなど5台を含む事故が起きました。

さくら署によると、現場は片側2号線の見通しの良い直線で、停車中のバスにトレーラが追突したということです。

見通しの良い直線ということで、トレーラーの運転手がわき見運転をしていたのではないかと推測されます。

とても規模の大きい事故になってしまいました。

被害状況は?

今回の事故による被害状況を説明します。

県警によると、追突されたバスには、社会見学に向かっていた栃木県の那須塩原市立小学校の5年生児童33人と教員3人が乗っていたと言います。

児童15人と教員1人、別の乗用車の運転手の計17名が病院に搬送されたそうです。

中には、不調を訴えている児童もいると言います。

幸いなことに、重症者はおらず、全員意識がはっきりしていると発表されています。

被害者の怪我が一日でも早く回復されることをお祈りします。

事故現場は?

今回の玉突き事故が起こった現場です。


ネットの反応は?

 

 


このように連日起こる事故に不安を覚える人が多いようです。

とても他人事とは思えませんね。

日頃から意識することが重要だと感じます。

まとめ

今回は栃木県さくら市で起こったバスを含む5台が絡む事故を紹介しました。

けが人は現時点で17人と報道されています。

不幸中の幸いですが全員意識があり、軽傷だそうです。

このような事故が多発していますが、日頃から安全運転を心がけましょう。

今回の事故でけがを負われたかたの早期回復をお祈りします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です