ZOZOTOWNが衰退の危機。株価が暴落?時価総額はピークの半分に。前澤社長はどうするのか。


芸能・音楽ランキング

 

日本最大級のファッション通販サイトとしてとても有名なZOZOTOWNの経営があまり上手くなっていないようです私もよくZOZOTOWNで服を買うのですがとても安く品質も素晴らしいので個人的にはとても大好きな企業です。

さらにZOZOTOWNといえば前澤社長でしょう。月に行くといって話題になったりしてTVなどでもたくさん取り上げられています。資産家として有名で、今年に入ってからTwitterでお年玉企画を実施し100名に100万をプレゼントしました。

このツイートは491万リツイートされ世界最高記録だそうです。めちゃくちゃすごいですね。実際のツイートがこちら。

そんなZOZOTOWNの売り上げは創業以降急激な勢いで伸てきましたが、ここ最近になって雲行きが怪しくなっているようです。

そこでZOZOTOWNについて色々調べてきました。

スポンサーリンク

 

ZOZOTOWNのこれまでの道のり

株式会社ZOZOはアパレルのオンラインショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営する日本の企業です。

1995年に前澤友作さんが創業、洋楽のCDやレコードの通信販売を行う。

1998年に有限会社スタート・トゥデイとして法人化。

2000年に株式会社に改組。

2004年に「ZOZOTOWN」開設。

2007年東証マザーズに上場

2011年「ZOZOTOWN」のグローバルサイト「ZOZOTOWN.com」を開設。

2018年株式会社スタートトゥデイから株式会社ZOZOに変更

これまで順調に業績を伸ばしており、日本では知らない人がいないのではないかというくらい有名になりました。

しかし最近になってZOZOの経営が悪化したり、有名ブランドがZOZOTOWNから退くなどZOZO離れが進んでいると囁かれています。

 

ZOZOの経営悪化

順調に業績を拡大してきたZOZO。その売り上げの9割を占めるのがZOZOTOWN事業です。

様々なファッションブランドを取り扱っており日本最大級のフアッション通販サイトとして名をはせてびいます。

しかしそんなZOZOにいま異変が起きています。

2018718日に過去最高記録を記録した時価総額は201931日現在その半分程度になっています。

時価総額とは上場企業の価値を表す指標の一つです。発行済み株式数に、その時点の株価をかけて算出する。

これを受けて前澤社長はこのようなことをツイートしています。

 

 なぜこのようなことになったのでしょうか。

その原因はZOZOの売り上げの9割を占めているZOZOTOWNにありました。

スポンサーリンク

ZOZOTOWNからの撤退が相次ぐ

今年に入りZOZOTOWNからのブランド撤退が相次いだのです。

考えられる撤退の理由は二つあります。

撤退の理由

ZOZOTOWNには低価格でカジュアルな商品がたくさんあります。消費者としては非常にうれしいのですが、中級以上のブランドから見れば、自社のブランドイメージが崩れかねません。これが一つ目の理由です。

二つ目の理由はZOZOARIGATOキャンペーンです。このキャンペーンは年会費を3000円払えば購入金額の10%が割引されるキャンペーンです。

こちらも消費者にとっては嬉しいですがメーカーにとってみればうれしくないですよね

これらの影響でいくつかの有名なブランド企業がすでにZOZOTOWNから撤退しており、撤退を検討している企業もまだたくさんあります。

 

ZOZOTOWNの一連の報道を見ての感想

衰退気味だったアパレル産業をテクノロジーを駆使して、アパレル分野にかなりの刺激を与えた経営者です。

消費者にとってかなりプラスになるようなサービスを作って若者たちの間ではなくてはならないサービスになっています。

またプライベートも派手なことからアパレル業界に限らず敵が多いと思います。そのため小さな失敗でもたくさん批判され真実ではない情報なども多く書かれるかもしれません。

 

個人的にはZOZOも前澤社長も好きなのでTwitterで宣言したように結果をだして国民を見返してほしいなと思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です